微笑んでいる女性

若い頃はとくに気にしていなかったシミは、年齢を重ねていくうちに徐々に肌表面に現れ始めてとてもやっかいです。一度できてしまうと消すのは難しく、毎日のスキンケアを丁寧に心掛けていてもなかなか治すことができません。シミができる原因を紐解き、早い段階からシミ対策に取り組み適切に対処していくことが肝心です。

シミの原因にはメラニンの生成が大きく関わっています。表皮細胞であるケラチノサイトに紫外線などの刺激誘因物質が働きかけ、色素細胞であるメラノサイトを刺激します。そうなると肌に含まれているアミノ酸などが変化してメラニンを生成し、刺激が繰り返されることによって過剰に生成されたメラニンが蓄積され、やがてシミとなって表面に現れるようになります。

肌を擦ったり刺激をあたえることでもシミになりやすいので注意が必要です。早く治したいからといって薬を擦り込むように塗っていくと、肌細胞が傷つき目には見えないシミの予備軍を大量に作り出していることになります。スキンケアの際には力を抜いて、肌を労りながら優しく塗り込んでいくようにしてください。

精神に大きなストレスを感じると、活性酸素が発生しやすくなります。活性酸素が体内に侵入すると、健康だった細胞が酸化して老化を進める原因になります。また年齢によって除去する働きが弱まり、酵素の働きも鈍くなるので体内に蓄積しやすく様々な体調不良を引き起こしかねません。できるだけストレスを溜めない生活を心掛け、精神を安定させるようにしましょう。

顔にできるシミを防ぐには、こまめに日焼け止めを塗り直す習慣をつけておくとよいです。朝出かける前に一度だけの使用で済ませてしまうと、汗や皮脂などによって日焼け止めが流されて効果が弱まってしまいます。日差しの強い場所や炎天下の中での仕事の場合、1時間おきに塗り直すと効果を持続させることができます。またオフィスでの仕事や自宅で過ごしている時でも、紫外線は入り込んできます。油断せずにしっかりと使用するようにしてください。

シミのもとを作らせない食事習慣を行うことも大切です。ビタミンCやたんぱく質、亜鉛などの肌に必要な成分が多く含まれた食材を使い、体の中から綺麗にして活性酸素を除去していきましょう。これらの栄養素を日々の食事の中に上手に取り入れていくと、皮膚の新陳代謝が活発となり蓄積されたメラニンを体外へ排出する機能が高まります。さらに代謝を上げるには、こまめな水分補給を心掛けるとより高まるのでおすすめです。